blogtop2.jpg

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日本では捨て犬がガスで殺される』-スイス「ル・マタン」紙より 転載です! - 2011.12.03 Sat

かぎしっぽですがなにか。 さんの転載です!


『日本では捨て犬がガスで殺される』-スイス「ル・マタン」紙より

前述の友人に動物愛護センターの殺処分について説明したり、ネットの記事を探して紹介したりなど

していたら、別の人から「今彼女と一緒に書類を準備しているんだよ!」というメッセージが。

きっとそれをニュースレターにでもするんだろうなあと思っていたら...

スイスの新聞 Le Matin 紙の記事 になりました。

と、いうわけでそれを日本語にしてみました。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

Au Japon, les chiens abandonnés sont gazés

日本では捨て犬がガスで殺される

2011.11.03

鉄格子が開く。犬たちが尾を振りながら駆け出してくる。扉が再び閉まり、炭酸ガスの注入が始まる。
喜びはパニックへと変わる。動物たちはひしめき合い、あるものは窒息を逃れようと死にものぐるいで
ガラスをひっかく。だが、ガスは容赦なくその不吉な使命を続行する。10分が経つ頃、吠え声は
瀕死のあえぎへと変わった。けいれんが止まるまでにはさらに20分を要するのだ。そして死体は
焼却される。


この光景は東京から80kmの町、千葉で繰り広げられている。この国に108台ある『夢の箱』の内の
1台がそこにはある。ガス室以外のなにものでもない装置を表すにはあまりに詩的な呼び名である。
そしてここが、捨てられたペットたちが最期を迎える場所なのだ。


数字を聞くとめまいがする。日本では毎年25万匹の犬と猫がガスにより殺処分される。この国には
2300万匹ほどのペットがいて、これは何十億(スイス)フランの市場規模を表しているが、ペットたちは
流行のアクセサリーかおもちゃのように考えられることが多い。しかしもう可愛くなくなったとか、
年を取ったとか、あれこれ理由をつけて犬・猫を収容施設へ捨ててしまう。そこでは、犬・猫は最大
7日間収容された後殺処分される。


ガスが使用されるというのは捨てられた大量の動物を処分するのに効率のよい方法ということだ、と
若菜正行氏は語る。2010年、5000匹の猫と2000匹の犬が殺処分された千葉県の『夢の箱』の所長は
ガス処理施設の存在を告発した独・ビルト紙の質問に答えた。犬や猫へに対して哀れみの
気持ちを抱いていることを認めつつも、捨てられる動物の数を考えると他に解決方法はない。


動物愛護団体は、動物を不安に陥れ、苦しみを与えるガスの使用を非難している。アメリカ獣医学
協会(American Veterinary Medical Association)は、2秒以内に死に至る注射を唯一の安楽死方法
として奨励している。


スイスでは、動物のガス処分が動揺を与えている。ノワレーグ・SOS Chatsのトミ・トメクさんは
ショックを受けたと語る。「動物たちは30分かけて死んでいきます。その光景は本当に恐ろしい。
日本の人々はこれをやめさせようと努力しています。でもヨーロッパ人も今行動を起こすべきです。」
この動物愛護家は既に日本の団体とコンタクトを取っている。彼女は受け取ったメッセージを彼らに
送る予定だ。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


一応補足しますと...ノワレーグ(Noiraigue)というのはスイスのフランス語圏にある人口506人の村。

トミはそこで友人エリザベスと猫の愛護団体SOS Chatsを運営しています。(Chat(シャ)とはフランス語で

猫という意味) 山の中の大きな一軒家で行き場のない猫たちを保護しており、私が訪問した時は

1匹の犬と300匹の猫が迎えてくれました。(病気の子もいるので全員には会えませんでしたが)

ちなみにその時にもル・マタンの記者が取材に来て記事になりました。これにはちょっとびっくりしましたが

チャリティイベントなどを催す時などに記事にしてもらうことによって、自分たちの存在・活動を知って

もらうんだと言っていました。

彼女たちは犬・猫の毛皮反対活動などにも尽力しています。


ネコの毛皮はネコのもの swissinfo.ch 2008年9月28日


動物たちを守ろうとする熱意と行動力には本当に頭が下がります。

あ、今SOS Chatsには私の名前がついたにゃんこもいるんですよ



以上転載でした!



この記事のコメントにもあるようにシェルターから犬猫を引き取ることは普通だと私も思います!

でもよく変だと言われますし酷い悪態までつかれることもしばしば・・・

ある中学校教師ご夫婦にaiちゃんを保護センターより引き取ってきたら

「そのyunさんの動物愛護の行動はひく〜〜〜」って言われました ┐(´〜` ;)┌

先生!多感な年頃の子供たちにちゃんと伝えなければいけないことだとおもいますが ウワァァン!!ヾ(*`Д´*)ノ゙彡☆

こんな日本です・・・福島の取り残された動物たちもマスコミの報道もされなくなってきました。。。


私はかぎしっぽですがなにか。のももねこさんのようにいつも動物愛護に刺激をくれる友人がいてくれたこととても感謝します!



師走に入りなにかとせわしない時期になりました。


この時期、保護センターに連れ込まれる動物たちが急増します・・・










スポンサーサイト

● COMMENT ●

今 自分さえ良ければいい 余計なことしなくて良い
そんな大人ばかり
まともな子供が育つわけがない・・
長男がね 隣の席のこが 教科書忘れたから見せてあげたんだよ
そしたらそれが中学校の先生は気に入らなくてね
「おまえは○○が 忘れたと言いに来る機会を奪った!」と廊下にまで呼び出され、忘れた子よりも叱られて最後に「おまえはろくな大人にならねぇ」
・・・・あり得ないんですけど
でもね それは違うでしょ!!っていうと その時はヘラヘラしててもあとでわが子は呼び出されるのだよ・・

大人が変わらないと この後に続く大人の卵も育たない

Re: 今

Five Dropsさん

ありえない先生ですね (#゚Д゚)凸

まず息子さんをほめる→教科書を忘れた生徒に次は忘れるなよ。でしょ!

そう自分さえ良ければ良い、余計なことをしなくていいという大人がたくさんいます!
つい余計なことをしてしまう(その人たちに言わせればね)私はよく煙たがられます(笑)



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ynkangaroo.blog.fc2.com/tb.php/414-9c253566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

辛い別れ・・・と・ «  | BLOG TOP |  » ウルフと素敵な方に会ってきました♪

プロフィール

yun

Author:yun
縁あって集まってきたわんずとにゃんずと共に賑やかに楽しく暮らしています!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

最新コメント

gremz

カテゴリ

犬と猫のナチュラルケア (11)
犬と猫のハーブケア (5)
犬と猫のフラワーエッセンス (1)
犬のフード (8)
猫のフード (0)
犬と猫のおやつ (11)
犬と猫のシニアケア (2)
里親募集 (49)
DOGS&CATS (35)
CATS (42)
DOGS (172)
犬とおでかけ (13)
楽しいHand-made (19)
BOOK (2)
その他・日常のあれこれ (86)
animals (6)
家族の紹介! (2)
未分類 (0)
セミナー (10)
ナチュラルケア (2)
保護活動 (2)
メモ (1)
動物福祉 (6)
Animal Rights (1)
phytotherapy (1)
DCC (7)
迷子犬 (4)

検索フォーム

ご訪問ありがとうございます!

いつでも里親募集

いつでも里親募集! いつでも里親募集中

動物に関する情報サイト

どうぶつ福祉ネットワーク にくきゅう手帳 banner-inuwoshiru-185x100.jpg ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。